• 近畿のイイとこや、お気に入りのお店を紹介します。

僕は年に数回ですが、車でドライブに行きます。

仕事終わってから0泊2日の無茶なドライブです。

普段、ろくに車に乗らないから無性に走りたくなるみたいな感じです。

そして1年に1回は行くところがありまして、それが三重県熊野市です。

僕の住む枚方から車で3時間以上掛かります。高速道路だと紀伊半島を外回りで距離も遠いしので、山の中を頑張って走っていきます。

でも山道に慣れていない方だと高速道路から海沿いを走るのが無難だと思います。

高速道路だろうと下道だろうと掛かる時間は変わらない・・・それが紀伊半島の南端です。

しかし、温泉いっぱい、魅力いっぱい、それが紀伊半島です。

熊野市に来たら必ず行くところ、熊野本宮大社。八咫烏が有名ですね。

img_1126

参道を進んで行きます。掃除が行き届いて美しい参道です。

img_1128

この迫力ある門構えがたまりません。

新たなる自分自身の出発を熊野で祈りて光輝く。

img_1130

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

門構えとは違い本殿は至って厳かな雰囲気に包まれます。

img_1131

熊野本宮大社の後は、湯の峰温泉に向かいます。熊野本宮大社から車で15分程度でしょうか。

山の中にあるひっそりとした温泉です。

img_1144

開湯1800年って本当かなっていうぐらい古いです。
日本最古の湯として愛される湯の峰温泉は、今も昔ながらの温泉情緒を残し、湯の町の風情を感じる事が出来るとの事です。

img_1143

日によって七回も湯の色が変化するといわれている天然温泉の岩風呂「つぼ湯」は参詣道の一部として世界遺産に登録されているとのことです。

img_1133

早速、つぼ湯に入ってみましょう。世界遺産の温泉に貸し切りで入ることができます。30分の時間制です。

平日の早朝なので、待たずにすぐに入ることができました。

img_1142

大人2人も入れば、満員になりそうな湯舟なのです。

img_1134

お湯はかなり熱いので水をじゃんじゃん投入しましょう。

なんだから温泉の成分が薄くなって勿体ない気がします。

お湯にこだわるなら、公衆浴場の薬湯が最高です。ネタで入るなら、つぼ湯でしょうね。

img_1139

野中の清水、この水は普通に飲むことができますよ。

img_1146

野中の清水から山を登ると少しだけ熊野古道を楽しむことができます。ただの山道ですけど、世界遺産なのです。

昔の人はこの道を通ったと思うとロマンを感じます。

img_1149

神様が熊野古道を守ってくださいます。

img_1152

嘘みたいな造形の「とがの木茶屋」、早朝過ぎて閉まってました。

ちなみに茶屋の軒先で白人さんが野宿してて、びっくりしました。

img_1148

この後、白浜で美味い寿司を食べたり、温泉に入ったりしていたのですが、写真を撮っていませんでした( ;∀;)

写真だけでは伝わらない、秘境で魅力いっぱいの紀伊半島にぜひ行ってみてください。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です